オランダの国旗

Netherlands

16世紀に、オラニエ公ウィレム1世が、独立戦争の戦いの際に、オレンジ・白・青の横三分割旗を使った。これが、世界で最初の三色旗といわれている。後に、オレンジ色は変色しやすい、見つけずらいなどの理由で、赤に変更された。以後何度か、国旗の変更があったが、1815年の独立後に、かつての旗が復活し、1937年に国旗として制定された。赤は国民の勇気、白は信仰心、青は祖国への忠誠を意味している。
オランダの地図

オランダ国旗のフリーデータ

オランダの国旗画像
ご購入はこちら

オランダ国旗の説明

独立戦争での国民の勇気
信仰心
祖国への忠誠

オランダの基礎データ

面  積 首  都 言  語 主要産業 通  貨
42,000km2 アムステルダム オランダ語 石油精製、化学、電気、
食品加工、天然ガス
ユーロ
(さらに詳しいオランダのデータは→世界の国々:オランダ)