シント・マールテンの旗 | 世界の国旗

シント・マールテンの旗

シント・マールテンの地図この旗は、17歳ローゼル・リチャードソンによって考案され 、正式に1985年6月13日に採択されました。赤は連帯と勇気を、青はシント・マールテンの空と海を、白は平和と友情を表しています。紋章の盾には、首都であるフィリップスブルフの宮殿と花と国鳥が描かれています。

 

シント・マールテンの旗のパーツごとの説明

連帯と勇気

 


シント・マールテンの空と海

 


平和と友情

 


紋章の盾には首都であるフィリップスブルフの宮殿と花と国鳥が描かれている

 


ラテン語の “Semper Progrediens”は “常に進歩する”というモットー

 


シント・マールテンの基礎データ

面  積 34km²
主  都 フィリップスブルフ
言  語 オランダ語、英語
主要産業 観光業
通  貨 アンティル・ギルダー

シント・マールテンの旗のフリー素材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です