アンドラの国旗 | 世界の国旗

アンドラの国旗

アンドラの地図アンドラは、フランスとスペインの国境、ピレネー山脈の斜面にある小国で、国旗はフランス国旗の縦三分割旗を模し、かつ、スペイン国旗の配色である赤と黄色を使用しています。
中央の紋章は、アンドラ公国の歴史的人物である、スペインのウルヘル司教の象徴として、司教冠と司教杖が描かれたものです。下にはラテン語で「統合された力はより強い」と記されています。
1866年に採用され、1996年に国章とともに現在の国旗が制定されました。
紋章のない市民旗もあります。

アンドラの市民旗

アンドラの市民旗



アンドラ国旗の変遷

アンドラ国旗の変遷(1806〜1866年)

(1806〜1866年)

ボリス1世の統治下にあるアンドラの旗(1934年)

ボリス1世の統治下にあるアンドラの旗(1934年)

アンドラ国旗の変遷(1939〜1949年)

(1939〜1949年)

アンドラ国旗の変遷(1949~1959年)

(1949~1959年)

アンドラの国旗

(1971年~現在)

アンドラの国章

アンドラの紋章
アンドラの紋章-ウルヘル司教 赤地に司教の冠と杖が描かれています。
これらはアンドラの共同元首であるウルヘル司教を象徴しています。
アンドラの紋章-フォワ伯爵 黄色地に縦の赤い三本線が入っています。
これはアンドラの共同元首であるフランスのフォワ伯爵家の紋章に基づいたものです。
アンドラの紋章-カタルーニャ州 黄色地に縦の赤い四本線が入っています。
これは隣接するスペインのカタルーニャ州の紋章です。
アンドラの紋章-ベアルン子爵 黄色地に2頭の赤い牛が描かれています。
これはフランスのベアルン子爵家の紋章で、ベアルン地方を表しています。

似ている国旗

フランスの国旗
フランスの国旗
チャドの国旗チャドの国旗 モルドバの国旗モルドバの国旗 ルーマニアの国旗ルーマニアの国旗

アンドラ国旗のパーツごとの説明

司教とフォア伯爵家の紋章を組み合わせたもの

 


青・黄・赤…かつてはフランスとスペインの両国統治だったため、両国の国旗の色を組み合わせた

 


アンドラの基礎データ

面  積 468km²
首  都 アンドラ・ラ・ベラ
言  語 カタルニア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語
主要産業 観光業、サービス産業、タバコ産業
通  貨 ユーロ

アンドラのフリー素材地図

アンドラ国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です