オランダの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

オランダの国旗

オランダの地図16世紀に、オラニエ公ウィレム1世が、独立戦争の戦いの際に、通称“王子の旗”と呼ばれるオレンジ・白・青の横三分割旗を使いました。これが世界で最初の三色旗といわれています。
後に、オレンジ色は変色しやすい、見つけづらいなどの理由で赤に変更されました。
以後、何度か国旗の変更がありましたが、1815年の独立後に、かつての旗が復活し、1937年に国旗として制定されました。赤は国民の勇気、白は信仰心、青は祖国への忠誠を意味しています。

王子の旗

王子の旗



他の国旗への影響

オランダの三色旗は、いくつかの国の国旗に影響を与えています。

南アフリカ

南アフリカ共和国にかつてあった、オレンジ自由国やトランスバール共和国の旗はオランダの国旗の影響を受けて作られました。
南アフリカの国旗も1994年までオランダの国旗に基づいていました。

オレンジ自由国の旗

オレンジ自由国の旗

トランスバール共和国の旗

トランスバール共和国の旗

南アフリカの旧国旗

南アフリカの旧国旗

ロシア

17世紀末に、ロシアの使節団がオランダやイギリスなどを視察しました。このときに知ったオランダの国旗をもとに考案したと伝えられています。

オランダの構成国の旗

オランダ王国は、オランダ本土と、高度な自治権が認められている3つの島国 (アルバ、キュラソー、シント・マールテン) から構成されています。

アルバの旗

1954年、オランダ領アンティル州の一部に組み込まれ、1986年単独の自治領として分離しました。

キュラソーの旗

1954年、キュラソー島はオランダ領アンティルに組み込まれました。
2010年10月には、オランダ領アンティルは解体され単独の構成国となりました。

シント・マールテンの旗

シント・マールテンを管轄していたキュラソー植民地は、第二次世界大戦後の1948年に、オランダの自治領「オランダ領アンティル」となりました。
2010年10月、オランダ領アンティルは解体され、シント・マールテンは単独でオランダの自治領となりました。

似ている国旗

クロアチアの国旗クロアチアの国旗 スロバキアの国旗スロバキアの国旗 スロベニアの国旗スロベニアの国旗 ハンガリーの国旗ハンガリーの国旗
ルクセンブルクの国旗ルクセンブルクの国旗 パラグアイの国旗パラグアイの国旗 ロシアの国旗ロシアの国旗

オランダ国旗のパーツごとの説明

独立戦争での国民の勇気

 


信仰心

 


祖国への忠誠

 


オランダの基礎データ

面  積 42,000km²
首  都 アムステルダム
言  語 オランダ語
主要産業 石油精製、化学、電気、食品加工、天然ガス
通  貨 ユーロ

オランダの白地図

オランダ国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です