ポーランドの国旗 | 世界の国旗

ポーランドの国旗

ポーランドの地図建国の英雄が、赤い夕日を背景に白いワシが飛んでいるのを見て、それを良い兆しと思い、赤地にワシの紋章を作ったという伝説が基になっています。その後、白いワシは白地に、夕日は赤地にデザイン化されて現在の2色旗になりました。
この2色は、ポーランド憲法で国民色として定義されています。
1918年に独立した翌年の1919年に、現在の赤と白の2色旗が国旗として制定され今に至っています。

国内では、白地の中央にポーランドの国章を入れた旗を掲げることも多くあります。

紋章付きの旗

国章入りの旗

かつてポーランドは社会主義国家だった時期がありました。その時には、赤は国の建設に流した血を、白は喜びを表すと解釈されていました。
共産主義の支配下で、国旗は反政府デモ隊によっても使用されました。流血の暴動の際、抗議者たちは白地に血で染色した旗を使用ました。



赤色の変遷

1919年に国旗が制定されてから、デザインは変わっていませんが、赤地の色は微妙に変化しました。

ポーランドの国旗1919–1928

独立時の国旗(1919~1928年)

この頃、国旗の色の正確な色合いは法的に指定されていませんでした。
実際には、赤の色相はその時に使用可能な赤染料の種類に依存していました。当時のポーランドでは、深紅の染料は価格が高いため、十分な量がありませんでした。

ポーランドの国旗1928–1980

(1928~1980年)

1927年12月13日の大統領令で、最初に法的に指定され、公式の色合いは朱色であると規定されました。

ポーランドの国旗

(1980年~現在)

紋章法により、CIE 1976(国際照明委員会が1976年に採択した色空間)を使って、色が規定されました。

CIE 1976色空間によるポーランド国旗の法定座標
x y Y ΔE
0.315 0.320 82.0 4.0
0.570 0.305 16.0 8.0

似ている国旗

インドネシアの国旗インドネシアの国旗 モナコの国旗モナコの国旗 シンガポールの国旗シンガポールの国旗 オーストリア国旗オーストリアの国旗
グリーンランドの旗グリーンランドの旗

ポーランド国旗のパーツごとの説明

白鷲、平和

 


夕日、独立のために流された血

 


ポーランドの基礎データ

面  積 323,000km²
首  都 ワルシャワ
言  語 ポーランド語
主要産業 食品、自動車、化学製品、燃料
通  貨 ズオチ

ポーランドのフリー素材地図

ポーランド国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です