ノルウェーの国旗 | 世界の国旗

ノルウェーの地図デンマークによる統治時代はデンマーク国旗を使用していたため、スウェーデンの支配下になった後の1821年に、ノルウェー議会によって現在の国旗が制定されました。
デザインは、旧宗主国であるデンマーク国旗をもとにしており、白十字の中に、青の十字を重ねたもとになっています。
フランスのトリコロールアメリカ合衆国の星条旗などと同じように、赤・白・青の配色は、自由への願いが込められたものとも言われています。

ノルウェーの政府旗

ノルウェーの政府旗



ノルウェー国旗の変遷

過去のノルウェー王国で使用された旗

過去のノルウェー王国で使用された旗(1280~1397年)

斧を持ち王冠をかぶったライオンは、ノルウェーの国章として現在も使用されています。

カルマル同盟の旗 (1397-1523)

カルマル同盟の旗 (1397~1523年)

カルマル同盟とは、1397年にノルウェー、デンマーク、スウェーデンの3つの王国間で締結された同盟です。

デンマーク=ノルウェーの旗 (1814年まで)

デンマーク=ノルウェーの旗 (1523~1814年)

1523年にスウェーデンが独立して、それ以後はデンマーク=ノルウェー二重王国となりました。

ノルウェー旗 (1814-1821)

ノルウェーの旗 (1814~1821年)

1814年のキール条約で、ノルウェーがスウェーデンへ割譲されました。
左上に紋章のあるこの旗は、フィニステレ岬の北側でのみ、ノルウェー船で使用されました。

ノルウェーで使用された旗1815-1818

ノルウェーで使用された旗(1815~1818年)

フィニステレ岬の南側では、スウェーデンの国旗がノルウェー船で使用されました。

ノルウェーで使用された旗1818-1844

ノルウェーで使用された旗(1818~1844年)

左上に赤地と白のクロスの入ったこの旗は、1818年からフィニステレ岬の南側でのみ、ノルウェー船で使用されました。

ノルウェーの旗 (1821-1844)

ノルウェーの国旗 (1821~1844年)

現在使用されているノルウェー国旗のデザインになりました。
この頃は、フィニステレ岬の北側でのみノルウェー船で使用されていました。

ノルウェーの旗 (1844-1898)

ノルウェーの国旗 (1844~1898年)

ノルウェーとスウェーデンの連合の旗

ノルウェーとスウェーデン連合のマーク

この国を支配しているスウェーデン王の命令で、左上にノルウェーとスウェーデン連合のマークが入った国旗を使用することとなりました。

ノルウェーの国旗(1899年~現在)

ノルウェーの国旗(1899年~現在)

1898年、ノルウェー議会は、連合のマークを国旗から削除する法案を可決しました。
連合のマークが外された国旗は、1899年に掲げられて現在に至っています。

ノルウェー国旗のパーツごとの説明

スカンジナビア十字の国旗


旧宗主国デンマークの国旗に青の十字を重ねた

 


ノルウェーの青

 


ノルウェーの基礎データ

面  積 385,000km²
首  都 オスロ
言  語 ノルウェー語
主要産業 石油産業、水産業、海運業、サービス業、製造業
通  貨 ノルウェー・クローネ

ノルウェーのフリー素材地図

ノルウェー国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です