バチカン市国の国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

バチカン市国の国旗

バチカンの地図バチカンの国旗は正方形と定められています。ちなみに、スイスの国旗も正方形ですが、こちらは縦横比が法律で定められてはいません。
右側には、国章の主な部分である交差する金と銀の鍵と冠が描かれています。

鍵は、イエスが使徒ペトロに言った「私はあなたに天国の鍵を授けよう」(『マタイによる福音書』16:19)に由来し、聖ペトロの後継者である教皇の象徴です。
金と銀の鍵は13世紀以来、聖座の象徴の重要な要素となっています。金は精神的な力を表し、銀の鍵は世俗的な力を表します。

金の鍵・銀の鍵

冠は、「三重冠」と呼ばれる教皇冠で、教皇の権威を象徴しています。

三重冠

1825年に現在の旗が制定されましたが、1929年の独立のときに、改めて憲法で国旗と定められました。

バチカンの国旗は、世界中の多くのカトリック教会や機関で、教会や機関が置かれている国旗と並んで表示されることがよくあります。



バチカン国旗のパーツごとの説明

「法王の三重冠」現世・霊界・煉獄
「金・銀の鍵」イエスがペテロに「私はあなたに天国の鍵を授けよう」という言葉に由来し、ペテロの鍵と呼ばれる

 


法王庁の衛兵の帽子の色に由来

 


バチカン市国の基礎データ

面  積 0.44km²
首  都 なし(都市国家のため)
言  語 ラテン語、フランス語、イタリア語
主要産業
通  貨 ユーロ

バチカン国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です