スリランカの国旗 | 意味やフリー素材など – 世界の国旗

スリランカの国旗

スリランカの地図1948年の独立のときに、キャンディ国王の旗を複製したものを国旗とし、それが現在の国旗の原型となっています。スリランカの最大民族シンハラ人の始祖は、ライオンの血をひくという神話があり、国旗にも黄色のライオンが描かれています。四隅に描かれているのは菩提樹の葉で、仏教を表しています。また、サフラン色の帯は、ヒンズー教徒タミル人を、緑色の帯はムスリムのムーア人を象徴しています。

スリランカ国旗の説明

シンハラ王朝のシンボル

 


「菩提樹」仏教を表す

 


イスラム教徒

 


ヒンズー教徒

 


スリランカの基礎データ

面  積 65,607km²
首  都 スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ
言  語 シンハラ語、タミル語、英語
主要産業 農業、繊維製造業
通  貨 スリランカ・ルピー

スリランカ国旗のフリーデータ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です