モンゴルの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

モンゴルの国旗

モンゴルの地図赤と青で三分割された左に、ソヨンボというモンゴル独特の文字がデザインされています。
1945年に採用されたときは、ソヨンボの上に社会主義の象徴である星が描かれていました。
中央に配された青は「永遠の青空」を、左右の赤は「進歩と繁栄」を象徴しています。
ソヨンボは、上から、過去・現在・未来を表す3つの炎、宇宙や永遠を表す太陽と月、敵を抑える槍を象徴する逆三角形などの図形で出来ています。



ソヨンボについて

ソヨンボ
モンゴル語を表記するために、17世紀末ごろに作成された文字を「ソヨンボ文字」といいます。
そのソヨンボ文字を図案化したものが、現在のモンゴルの国章、紙幣、国旗などに使われています。
各パーツにはそれぞれ意味があります。

ソヨンボ-炎 【炎】過去・現在・未来を表しています
ソヨンボ-太陽と月 【太陽と月】宇宙と永遠を表します
ソヨンボ-三角形 【三角形】槍と矢、祖国を守るために力を使用することを示しています
ソヨンボ-上下の長方形 【上下の長方形】正義と忠誠心を守るという意味です
ソヨンボ-巴 【巴】雌雄の魚が交わる様子を図案化したもので、陰陽、国の調和、永遠などを表しています
ソヨンボ-左右の長方形 【左右の長方形】国を守る城壁、モンゴル人の団結を表しています

モンゴルで使用された旗の変遷

五色旗

五色旗(1920~1921年)

中華民国によるモンゴル支配の頃に使用された5色の旗。

モンゴルの国旗1921–1924

ボグド・ハーン政権時代の旗(1921~1924年)

1921年、モンゴル義勇兵とソビエト赤軍によって、ボグド・ハーンを元首とする連合政府が樹立されました。

モンゴルの国旗1924–1930

モンゴル人民共和国の国旗(1924~1930年)

1924年、ボグド・ハーンは死去し、君主制は廃止され、モンゴル人民共和国が成立しました。
モンゴル人民共和国の最初の旗は、正確な形状とデザインは完全に標準化されておらず「旗は赤で、国章は中央にある」とのみ記載されています。

モンゴルの国旗1930〜1940

モンゴル人民共和国の国旗(1930~1940年)

モンゴル人民共和国の2番目の旗です。前の旗と比較して、このデザインはあまり一般的に使用されてませんでした。

モンゴルの国旗1940–1945

モンゴル人民共和国の国旗(1940~1945年)

1940年に第2モンゴル憲法が採択された後のモンゴル人民共和国の3番目の旗です。
憲法には「中央に国章があり、両側にモンゴル人民共和国と書かれた赤い布で構成されている」と記述されています。

モンゴルの国旗1945–1992

モンゴル人民共和国の国旗(1945~1992年)

モンゴル人民共和国の4番目の旗です。
1945年に採択されましたが、1949年まで公式に発表されませんでした。

モンゴルの国旗1992-2011

モンゴルの国旗(1992~2011年)

1992年1月に、新憲法を採択して社会主義を放棄し、2月には国名をモンゴル国に改めました。
それに伴い、国旗左にあるソヨンボの上の星は取り除かれました。

モンゴルの国旗

モンゴルの国旗(2011年~現在)

中央の青が濃く変更されました。

モンゴル国旗のパーツごとの説明

ソヨンボ・・・「炎」「太陽と月」「三角形」「長方形」「巴」「左右の長方形」から成る

 


進歩、繁栄

 


永遠の青空、国民

 


モンゴルの基礎データ

面  積 1,567,000km²
首  都 ウランバートル
言  語 モンゴル語
主要産業 鉱業、牧畜業、軽工業
通  貨 トグログ

モンゴルのフリー素材地図

モンゴル国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

動画素材

[ Adobe Stock ] [ PIXTA ] [ MotionElements ]

[ Adobe Stock ] [ PIXTA ] [ MotionElements ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です