モンゴルの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

モンゴルの国旗

モンゴルの地図赤と青で三分割された左下に、ソヨンボというモンゴル独特の表彰がデザインされています。1949年に正式採用されたときは、ソヨンボの上に社会主義の象徴である星が描かれていました。中央に配された青は「永遠の青空」を、左右の赤は「進歩と繁栄」を象徴しています。ソヨンボは、上から、過去・現在・未来を表す3つの炎、永久の交流を表す太陽と月、敵を押さえる槍を象徴する逆三角形などの図形で出来ています。

モンゴル国旗のパーツごとの説明

ソヨンボ(蓮台) 「炎」繁栄、復活、向上 「太陽と月」神聖 「三角」槍と矢じり、敵をたおす意思
「長方形」前進と正直さ、高潔 「巴」男女、機知、知恵、協力 「左右の長い長方形」国民が協力すれば石の砦よりも強い

 


勝利、歓喜

 


献身、忠誠

 


モンゴルの基礎データ

面  積 1,567,000km²
首  都 ウランバートル
言  語 モンゴル語
主要産業 鉱業、牧畜業、軽工業
通  貨 トグログ

モンゴルの白地図

モンゴル国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です