シンガポールの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

シンガポールの国旗

シンガポールの地図1959年に、イギリス領の自治州となったときに採用されたデザインで、1965年の独立後もそのまま国旗として制定されました。
赤は世界人類の友愛と平和を象徴しています。白は純粋さと高潔さが、広く浸透し永続することを意味しています。新月は新興国の発展を表し、5つの星は民主主義・平和・進歩・平等・公正のシンボルとされています。




シンガポールの国旗の変遷

かつては、シンガポールはイギリスの支配下にあり、海峡集落が作られていました。入植地を表すために使用される旗は、最初は金の冠が1つだけで、次にフォークとディスクをモチーフにした3つの金の冠が付いたブルー・エンサインの旗でした。

海峡植民地旗

海峡植民地旗(1868年)

海峡植民地旗

海峡植民地旗(1874~1925年)

海峡植民地旗

海峡植民地旗(1925~1942年)

第二次世界大戦中に日本がシンガポールを占領している間は、日本の国旗が公的なイベントで使用されました。

第二次世界大戦後まもなく、シンガポールは独立した植民地となり、独自の旗を採用しました。これは、前のブルー・エンサインの修正版で、フォークとディスクのモチーフで、今回は王冠が1つしかありません。

シンガポール植民地の旗

シンガポール植民地の旗(1946~1952年)

シンガポール植民地の旗

シンガポール植民地の旗(1952~1959年)

1962年9月、シンガポール人はマレーシア連邦への参加を投票により賛成しました。この結果、マレーシアの国旗がシンガポールに翻りました。

マレーシアの国旗

マレーシアの国旗(1963~1965年)

シンガポールは1959年6月3日に自治権を獲得しました。同年12月、国旗と国家紋章および国歌が正式に承認されました。これが現在も使用されている国旗になります。
1965年8月9日にシンガポールがマレーシアから完全に独立したとき、このときに承認された国旗が改めて国旗として使用されるようになりました。

シンガポールの国旗

(1965年~現在)

似ている国旗

インドネシアの国旗インドネシアの国旗 モナコの国旗モナコの国旗 ポーランドの国旗ポーランドの国旗

シンガポール国旗のパーツごとの説明

イスラム教のシンボル

 


5つの理想(民主主義・平和・進歩・平等・公正)

 


友愛、平等

 


純潔

 


シンガポールの基礎データ

面  積 620km²
首  都 なし(都市国家のため)
言  語 マレー語、英語、中国語、タミール語
主要産業 製造業、商業、金融、化学関連
通  貨 シンガポール・ドル

シンガポールの白地図

シンガポール国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

動画素材

[ Adobe Stock ] [ PIXTA ] [ MotionElements ]

[ Adobe Stock ] [ PIXTA ] [ MotionElements ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です