アラブ首長国連邦の国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

アラブ首長国連邦の国旗

アラブ首長国連邦の地図赤・緑・白・黒の配色は、アラブの基本色で「汎アラブ色」といいます。
1971年に当時19歳だったアブドラモハメッドアルマイナによってデザインされ、1971年12月2日に採用されました。この国旗の4色の主なテーマはアラブ諸国の統一です。
アラブ世界では、赤は、預言者ムハンマドの血のつながりや、イスラムのために流された血を表し、緑は穀物の実り、白は清浄・潔癖・平和、黒は抑圧された世界を表すと解釈されています。
なお、アラブ首長国連邦では、緑は土地の肥沃さ、白は中立性、黒はこの国の経済を支える石油資源と、一般的に解釈されています。



以前の国旗

トルーシャル首長国の旗

トルーシャル首長国(休戦オマーン)の旗(1820~1971年)

18世紀から19世紀にかけて、ペルシア湾を航行するヨーロッパの船が『アラブ海賊』によって襲われることがあり、イギリスはインドへの航路を守るために1819年に海賊退治に乗り出し、海賊艦隊を打ち破りました。
1820年、イギリスはペルシア湾に面するこの地域の海上勢力(トルーシャル首長国)と休戦協定を結び、それ以来ここはトルーシャル・オマーン (休戦オマーン) と呼ばれるようになました。これはその頃に使用された旗になります。

各首長国の旗

この国は7つの首長国で構成されている連邦制国家で、それぞれに独自の旗があります。

アブダビの地図
アブダビの旗アブダビの旗
ドバイの地図
ドバイの旗ドバイの旗
シャールジャの地図
シャールジャの旗
シャールジャの旗
アジュマーンの地図
アジュマーンの旗
アジュマーンの旗
ウンム・アル=カイワインの地図
ウンム・アル=カイワインの旗
ウンム・アル=カイワインの旗
フジャイラの地図
フジャイラの旗
フジャイラの旗
ラアス・アル=ハイマの地図
ラアス・アル=ハイマの旗
ラアス・アル=ハイマの旗

アラブ首長国連邦国旗のパーツごとの説明

汎アラブ色の国旗


ハシミテ王朝
聖戦によって流された血と犠牲


ファーティマ王朝
豊かな国土


ウマイヤ王朝
清らかな生活、中立


アッバース朝王朝
過去の抑圧、石油


アラブ首長国連邦の基礎データ

面  積 83,600km²
首  都 アブダビ
言  語 アラビア語
主要産業 石油
通  貨 ディルハム

アラブ首長国連邦の白地図

アラブ首長国連邦国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です