ブルネイの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

ブルネイの国旗

現行の国旗は、内政自治を回復した1959年に制定され、1984年1月1日に独立した後もこの旗を使い続けています。
黄色はスルタン(ブルネイの国王)、白と黒の帯は大臣を表すといわれています。
中央には国章がデザインされています。国章は上部から、旗、王家の傘「正義・安寧・繁栄・平和」を守る羽「福祉・平和・繁栄」を実現する政府の公約のシンボルである両手、国教イスラムを象徴する新月で構成されています。新月には「神のお導きのもと常なる奉仕を」とスローガンが書かれています。




ブルネイ国旗の変遷

ブルネイ帝国(1368~1906年)

ブルネイ帝国の国旗(1368~1906年)

スルタンを象徴する黄色の旗が使用されていました。

ブルネイの保護領(1906~1959年)

ブルネイの保護領時代の国旗(1906~1959年)

1906年、ブルネイはイギリスの保護国となりました。
国旗には、2人の大臣を象徴する白と黒の帯が追加されました。

ブルネイの国旗

ブルネイの国旗(1959年~現在)

1959年にブルネイは、国内の自治を回復しました。
それまでの国旗に国章が加えられ、以降このデザインが使われ続けています。

ブルネイ国旗のパーツごとの説明

「三日月」イスラム教の象徴、「翼」公正、「旗・傘」王家の権威、「左右の手」政府の象徴、「文字」神の加護のもと、善良なる者は栄えん。平穏なる町ブルネイ

 


スルタン(ブルネイの国王)の色

 


スルタンを補佐する2人の宰相

 


ブルネイの基礎データ

面  積 5,765km²
首  都 バンダル・スリ・ブガワン
言  語 マレー語(公用語)、英語、中国語等
主要産業 石油、天然ガス
通  貨 ブルネイ・ドル

ブルネイの白地図

ブルネイ国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です