エストニアの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

エストニアの国旗

エストニアの地図1881年に、エストニアの学生会ヴィロニア(Vironiya)のシンボルとされた青・白・黒の横三分割旗が、現在の国旗の原型となっています。
ソ連時代に一度廃止されましたが、独立運動によってよみがえったデザインで、1990年に国旗として制定されました。

エストニア憲法第7条によると、青・黒・白はエストニアの国民色です。
青はこの国の空、湖、海の象徴です。黒は祖国の土地への愛着、そして過去100年にわたるエストニア人の暗黒の歴史を、白は自由と幸福に対するエストニアの人々の願望の象徴です。

縦型のエストニア国旗

垂直バージョンの国旗 青が左になるように掲げます。



エストニア国旗の変遷

バルト帝国領時の旗(1629年-1721年)

バルト帝国領時の旗(1629~1721年)

この頃のエストニアは、スウェーデンの支配にあり「バルト帝国」と呼ばれていました。

ロシア帝国領時の旗(1721年–1917年)

ロシア帝国領時の旗(1721~1917年)

1721年に締結された「ニスタット条約」により、スウェーデンはこの地域を放棄し、ロシア帝国の支配下になりました。

エストニアの国旗

エストニアの国旗(1918~1940年)

1917年にロシア革命が起こり、1918年2月24日にエストニア共和国は独立を宣言しました。

エストニア・ソビエト社会主義共和国の旗(1940年–1953年)

エストニア・ソビエト社会主義共和国の旗(1940~1953年)

1939年に第二次世界大戦が勃発しました。
エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国は、旧ソビエト連邦の侵攻によって1940年6月に占領されました。
この国旗は同年10月31日のエストニア共和国最高会議幹部会令によって承認され、同時にこれまでの国旗と国章は「ブルジョワのシンボル」として禁止されました。

エストニア・ソビエト社会主義共和国の旗(1953年–1990年)

エストニア・ソビエト社会主義共和国の旗(1953~1990年)

1953年2月、国旗はグラフィック・デザイナーのパウル・ルフテインのデザインによるものに変更されました。

エストニアの国旗

エストニアの国旗(1990年~現在)

1990年5月、再び独立宣言をして「エストニア・ソビエト社会主義共和国」は「エストニア共和国」と改名されました。
そして、1938年に制定されたエストニア共和国憲法が復活し、国旗もその当時のデザインに戻されました。

提案されたデザイン

1919年独立時の国旗 代替の2001年フラグデザイン 代替の2001年フラグデザイン2
独立直後の1919年に提案されたスカンジナビア十字の国旗です。 2001年、北欧の国々とのなつながりを示すために、国旗をスカンジナビア十字にする提案がありました。

エストニア国旗のパーツごとの説明

空、湖、希望、友情

 


過去の抑圧

 


雪、明るい未来、発展

 


エストニアの基礎データ

面  積 45,000km²
首  都 タリン
言  語 エストニア語
主要産業 製造業、林業、繊維、農業
通  貨 ユーロ

エストニアの白地図

エストニア国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です