ブルガリアの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

ブルガリアの国旗

ブルガリアの地図白・緑・赤の横三分割旗は、一般的に帝政ロシアの白・青・赤の旗をなぞらえたものと考えられています。ただし、公式な説明では、この3色はブルガリアの古い軍隊の象徴色だったと伝えられています。
オスマン帝国の支配から開放された1878年に制定され、社会主義国家だった時代は、農民や労働者をあらわす紋章が描かれていましたが、民主化が進んだ1991年に取り除かれました。

白は平和、自由、純潔を、緑は農業、豊かさを、赤は勇気、闘争、愛国を表しています。

ブルガリア国旗の変遷

1877年にロシアとオスマン帝国の戦争が勃発し、翌年の3月に講和条約が結ばれ、大ブルガリア公国が一時的に樹立しました。
1908年にブルガリア王国として独立しました。

この時に、現在の国旗と同じデザインが制定されました。

ブルガリアの国旗

ブルガリア王国の国旗(1878~1944年)

1944年9月5日に、ソ連軍がブルガリアに宣戦布告し、無抵抗のブルガリア領内へ侵攻しました。

ブルガリア祖国戦線政府旗(1944-1946)

ブルガリア祖国戦線政府旗(1944~1946年)

1946年に、ブルガリア共産党による一党独裁国家として、社会主義国家であるブルガリア人民共和国が成立しました。
ソビエト連邦の衛星国として、1990年まで存続しました。

初期の頃を除き、国旗の左上には国章が配置されました。

ブルガリアの国旗

ブルガリア人民共和の国旗(1946~1948年)

ブルガリア人民共和国旗(1948年制定)

ブルガリア人民共和の国旗(1948年)

ブルガリア人民共和国旗(1948年-1967年制定)

ブルガリア人民共和の国旗(1948~1967年)

ブルガリア人民共和国旗(1967年-1971年制定)

ブルガリア人民共和の国旗(1967~1971年)

ブルガリア人民共和国旗(1971年-1990年制定)

ブルガリア人民共和の国旗(1971~1990年)

1989年にベルリンの壁が崩壊して、東欧諸国は次々と民主化していきました。
その波はブルガリアにも波及し、共産党独裁体制は崩壊しました。
1990年には国名を「ブルガリア人民共和国」から「ブルガリア共和国」に変更し、ブルガリアは社会主義国から共和制の国へと変わりました。

1991年にブルガリア憲法により、左上の国章が取り除かれてました。

ブルガリアの国旗

ブルガリア共和国の国旗(1990年~現在)

似ている国旗

ハンガリーの国旗ハンガリーの国旗 イランの国旗イランの国旗 オマーンの国旗オマーンの国旗 タジキスタンの国旗タジキスタンの国旗

ブルガリア国旗のパーツごとの説明

平和、自由、純潔

 


農業、豊かさ

 


勇気、闘争、愛国

 


ブルガリアの基礎データ

面  積 111,000km²
首  都 ソフィア
言  語 ブルガリア語
主要産業 農業、工業
通  貨 レフ

ブルガリアの白地図

ブルガリア国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です