ラオスの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

ラオスの国旗

ラオスの地図現在の国旗は、1975年に王政が廃止され独立する際にデザインされたものです。国旗デザインの象徴性について公式な説明はありませんが、赤は自由と独立のために流された血を、青は国土とメコン川を表しているといわれています。白丸は、満月をイメージしていて、人民の団結、あるいは共産党政府下の統一性を象徴しているといわれています。共産党政権では、一般的に星が良く使われますが、月がデザインに使われている点で珍しい国旗です。

ラオス国旗のパーツごとの説明

満月、人民の団結、平和と仏教

 


メコン川、国土

 


社会主義革命とそのために流された血

 


ラオスの基礎データ

面  積 237,000km²
首  都 ビエンチャン
言  語 ラオス語
主要産業 農業、工業、林業、鉱業、水力発電
通  貨 キープ

ラオスの白地図

ラオス国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です