ウズベキスタンの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

ウズベキスタンの国旗

ウズベキスタンの地図現在の国旗は、1991年のソビエト連邦解体に伴って独立したときに制定されました。
青・白・緑の横三分割旗をもとに、左上に白い新月と星が描かれています。
青は、空と生命の源である水を表しており、トルコ人の伝統的な民族色でもあります。ウズベキスタンの人口の大半はトルコ人です。
白は、清く美しい国土と平和の象徴です。また、イスラム以前にこの地域で支配的だったゾロアスター教の古代宗教を意味します。
緑は、自然と豊かな農業の色で、イスラム教の聖なる色でもあります。
細い赤線は生命力と勇気の象徴であり、ウズベキスタンの国民的および宗教的少数派の象徴でもあります。
三日月と星はイスラム教のシンボルで、12個の星は国を構成する12の州を表しています。また、12という数字は一年12ヶ月を表すとともに完璧な数と考えられています。さらにこの星の配置には、アラビア文字で「アッラー(イスラム教の神)」という言葉も隠されています。

アラビア語で「アッラー」

アラビア語で「アッラー」



ウズベキスタン国旗の変遷

ウズベキスタンソビエト社会主義共和国

かつてウズベキスタンは、ソビエト連邦の連合共和国のひとつでした。
1925年5月13日正式に形成され、1991年8月31日にソビエト連邦からの独立を宣言し、ウズベキスタン共和国に変わりました。

以下のものはウズベキスタンソビエト社会主義共和国時代の国旗です。

ウズベキスタンの国旗1925-1926

1925~1926年

国旗にはタジク語での国名が表記されています。

ウズベキスタンの国旗1926-1931

1926~1931年

ラテン文字へ表記が変更されました。

ウズベキスタンの国旗1931-1935

1931~1935年

共和国からタジク自治社会主義ソビエト共和国が分離・昇格し、1931年に採択された改正ウズベク共和国憲法によって、国旗からタジク語での国名表記は削除されました。

ウズベキスタンの国旗1935-1937

1935~1937年

1935年に、ウズベク語における「共和国」の訳語に変更が加えられました

ウズベキスタンの国旗1937-1941

1937~1941年

1937年の第6回臨時全ウズベク・ソビエト大会において採択された新憲法において、国旗については
“ウズベキスタンソビエト社会主義共和国の国旗は赤旗で、その上部には金色で、上段にはウズベク語、下段にはロシア語を表記すること”
と定められました。

ウズベキスタンの国旗1941-1952

1941~1952年

1941年には、最高会議幹部会令において、再度ウズベク語をキリル文字へと切り替えるよう制定されました。

ウズベキスタンの国旗1952-1991

1952~1991年

1952年8月29日、最高会議幹部会は、芸術家アナトリー・オシェイコのデザインによる新たな国旗を承認しました。
デザインの意味は公式には説明されていませんでしたが、白い縁は綿花栽培を、青い帯はアムダリヤ川や灌漑を象徴するとされています。

ウズベキスタンの国旗

1991年~現在

その後、1990年6月20日のウズベク共和国主権宣言と、翌1991年8月31日のウズベキスタン独立宣言を経て、11月18日に新たにウズベキスタンの国旗が制定され、現在の国旗になりました。

星がたくさんある国旗

ウズベキスタン以外にも、国旗にたくさんの星がデザインされている国が色々あります。
複数の星がある場合は、その数に意味が込められていることも多いです。

中国

大きな星は中国共産党を、4つの小さな星は労働者・農民・知識階級・愛国的小資本家、もしくは、満州族、モンゴル族、トルコ系ウイグル族、チベット族を表しています。

ブラジル

27の星は、首都ブラジリアと26の州を表しています。
当初、星の数は21でしたが、行政区が増えるたびに星の数も増えました。

カーボベルデ

10個の星は、国の主要な島々を表しています。

アメリカ合衆国

星は50の州を表しています。建国当初は13の星でした。

ホンジュラス

5つの星は、中央アメリカ連邦を構成している5ヵ国(グアテマラ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグア・コスタリカ)を表しています。

コソボ

6つの星は、アルバニア系・セルビア系・トルコ系・ボスニア系・ロマ系・ゴラ系の民族を表しています。

グレナダ

中央と上下の7つの星は、国を構成する7つの地域を表しています。

ドミニカ

10の行政区を表す10個の星が描かれています。

ベネズエラ

8つの星には、独立宣言に署名した7つの州とガイアナの解放が象徴されています。

タジキスタン

7つの星には完璧さと幸福の意味が込められています。タジキスタンの伝統的な考えでは、天国には7つの山と7つの果樹園があり、それぞれの山の上に星が輝いています。

クック諸島

15の星は、クック諸島を構成する15の島を表しています。

ソロモン諸島

5つの星は南十字星と、主要な5つの島(ガダルカナル島、サンクリストバル島、マレータ島、サンタイサベル島、チョイスル島)を表しています。

ツバル

9つの星は、国を構成する9つの島とその位置を表しています。

ミクロネシア

4つの星は南十字星を表し、国を構成する主要な島(ポナペ島、クサイエ島、トラック諸島、ヤップ島)をも意味しています。

カラカルパクスタン共和国の旗

カラカルパクスタン共和国の旗

カラカルパクスタン共和国の旗

カラカルパクスタン共和国の位置

カラカルパクスタン共和国の位置

カラカルパクスタン共和国とは、ウズベキスタン内の北西端全体を占めている共和国です。独自の憲法、国旗、国章、国歌を持っています。
国旗はウズベキスタンのものとよく似ています。

似ている国旗

シエラレオネの国旗
シエラレオネの国旗
レソト王国の国旗
レソト王国の国旗

ウズベキスタン国旗のパーツごとの説明

イスラム教のシンボル

 


国を構成する12の州

 


澄みきった空、澄んだ水、トルコ系住民の民族色

 


国を守る意思、生命力

 


国土、平和

 


農業

 


ウズベキスタンの基礎データ

面  積 447,400km²
首  都 タシケント
言  語 ウズベク語、ロシア語
主要産業 天然ガス、石油、金
通  貨 スム

ウズベキスタンの白地図

ウズベキスタン国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です