アゼルバイジャンの国旗 | 世界の国旗

アゼルバイジャンの国旗

アゼルバイジャンの地図1920年から1991年の間、アゼルバイジャンはソビエト連邦の一部になったため、その間は別の旗を使用していました。
1989年に主権宣言を採択し、1991年にアゼルバイジャン共和国に国名を変更しました。その際に現在の国旗が再び採択されました。
青・赤・緑の横三分割旗で、中央にイスラムの象徴である新月と星が描かれています。
青はトルコ民族の色、赤は近代化と民主化をすすめるということ、緑はイスラム文化圏であることを表しているといわれています。
星の8つの光条は、国内のトルコ系8部族を表しています。



アゼルバイジャン国旗の変遷

アゼルバイジャン国旗の変遷1918〜1920年

アゼルバイジャン民主共和国の旗(1918〜1920年)

1918年5月、アゼルバイジャン民主共和国の独立が宣言されました。これはイスラム世界初の共和国です。
国旗中央の三日月と星、下段の緑はいずれもイスラム教を表しています。国旗のデザインは、現在のものとほぼ同じです。
しかし1920年4月には、赤軍によって首都バクーが占領され、ソビエト政権が成立しました。

アゼルバイジャン国旗の変遷1920〜1921年

アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国の旗(1920〜1921年)

アゼルバイジャン国旗の変遷1930年代〜1936年

アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国の旗(1930年代〜1936年)

アゼルバイジャン国旗の変遷1937〜1940年

アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国の旗(1937〜1940年)

アゼルバイジャン国旗の変遷1940–1952年

アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国の旗(1940–1952年)

アゼルバイジャン国旗の変遷1952〜1956年

アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国の旗(1952〜1956年)

アゼルバイジャン国旗の変遷1956–1991年

アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国の旗(1956–1991年)

1920年から1991年まで、アゼルバイジャンはソビエト連邦の統治下にありました。
国旗も社会主義国によく見られる赤地のものが使用され、幾度となくデザインの変更がありました。

アゼルバイジャンの国旗

アゼルバイジャン共和国の国旗(1991年~現在)

1991年にソビエト連邦からの独立を宣言し、アゼルバイジャン共和国となり、国旗も以前使用されていたものが再採用されました。

三日月と星の国旗

テキスト

トルコの国旗トルコの国旗 パキスタンの国旗パキスタンの国旗 マレーシアの国旗マレーシアの国旗 アルジェリアの国旗アルジェリアの国旗
コモロの国旗コモロ連合の国旗 チュニジアの国旗チュニジアの国旗 モーリタニアの国旗
モーリタニアの国旗
リビアの国旗リビアの国旗
北キプメスの旗北キプロスの旗 西サハラの旗西サハラの旗

アゼルバイジャン国旗のパーツごとの説明

イスラム教のシンボル
三日月は発展、星は知識


澄みわたる空、カスピ海

 


独立を守る強い意思、国の進歩

 


農業と森林

 


アゼルバイジャンの基礎データ

面  積 87,600km²
首  都 バクー
言  語 アゼルバイジャン語、ロシア語
主要産業 石油産業、農業
通  貨 マナト

アゼルバイジャンのフリー素材地図

アゼルバイジャン国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です