モーリタニアの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

モーリタニアの地図1960年にフランスから独立を果たしましたが、その1年前の1959年に国旗が制定されました。緑と新月と星はいずれもイスラム教のシンボルで、イスラム教が国教であることを表しています。また、緑は未来への明るい希望と砂漠地帯の緑化の願いが込められているとも言われています。黄色はサハラ砂漠を表しています。
以前は上下の赤い帯はありませんでしたが、2017年8月5日、国旗・国歌の変更やその他の憲法改正を行うために、モハメドオウルドアブデルアジズ大統領によって国民投票が行われました。その結果、現在のデザインに改められました。

旧モーリタニア国旗

旧モーリタニア国旗

モーリタニア国旗のパーツごとの説明

イスラム教のシンボル

 


サハラ砂漠

 


イスラム教のシンボル、砂漠地帯の緑化の願い

 


モーリタニアの人々が自国の領土を守るために流した血であり、努力と犠牲

 


モーリタニアの基礎データ

面  積 1,026,000km²
首  都 ヌアクショット
言  語 アラビア語、フランス語
主要産業 農牧業
通  貨 ウギア

モーリタニアの白地図

モーリタニア国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です