西サハラの旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

西サハラの旗

西サハラの地図汎アラブ色に、イスラムのシンボルである三日月と星を加えたデザインです。元々は、サハラ砂漠アラブ民主共和国(SADR)の公式旗でしたが、1976年2月27日に採用されて一般的に西サハラの旗と呼ばれています。

 

西サハラの旗のパーツごとの説明

イスラムのために流された血

 


抑圧からの解放

 


平和の象徴

 


豊かな実りを表す

 


イスラム教のシンボル

 


西サハラの基礎データ

面  積 266,000km²
首  都 アイウン
言  語 アラビア語
主要産業 鉱業、農業、牧畜業
通  貨 モロッコ・ディルハム、 アルジェリア・ディナール

西サハラの旗のフリー素材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です