フィンランドの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

フィンランドの国旗

フィンランドの地図白地に青のスカンジナビア十字の国旗は、ロシアから独立後の1918年に採用されました。
白と青の色使いについては、1870年にフィンランドの詩人・作家で児童文学者としても名高いトペリウスが「祖国の湖の青さと雪の白さ」を最初に発表し、それ以後、この2色が国を象徴する色として使われるようになりました。

十字架はキリスト教の象徴であり、青はフィンランドに多数ある湖と海を、白は雪に覆われた国土を象徴しています。
なお、フィンランドには政府旗があり、青の十字が交差している部分に国章が描かれています。

政府旗

フィンランドの政府旗



フィンランド国旗の変遷

ロシアの国旗

フィンランド大公国の国旗(1809~1917年)

1809年にロシア軍はフィンランドの全域を占領し、フィンランドを立憲君主制の大公国としました。
この地にはロシア帝国の旗が掲げられました。

セントジョージ旗

セントジョージ旗(1853~1856年)

クリミア戦争中、商船旗「セントジョージ旗」が一時的に使用されました。

フィンランド国旗1917-1918

フィンランド王国で一時的に使用された国旗(1917~1918年)

フィンランド王国の国旗1918

フィンランド王国の国旗(1918年)

1917年にロシア革命によりロシア帝政が倒されると、フィンランドは独立を宣言しました。

独立直後から、フィンランド国旗のデザインをめぐる議論が行われました。
いくつかの異なるデザインが提出され、主に2つのカテゴリーがあり、1つはフィンランドの紋章の赤と黄色を使用したもの、もう1つは現在の国旗につながる青と白の色を使用したものです。

フィンランド共和国の国旗1918–1920

フィンランド共和国の国旗(1918~1920年)

選挙で王党派が敗れ、フィンランドは共和国としてパリ講和会議で認知されました。

フィンランドの国旗

(1920年~現在)

青色の色相が変更され、現在に至っています。

フィンランド国旗のパーツごとの説明

スカンジナビア十字の国旗


湖沼

 


 


フィンランドの基礎データ

面  積 338,000km²
首  都 ヘルシンキ
言  語 フィンランド語、スウェーデン語
主要産業 ハイテク機器製造、紙・パルプ等木材関連、金属
通  貨 ユーロ

フィンランドのフリー素材地図

フィンランド国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です