トンガの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

トンガの国旗

トンガの地図赤地の左上に赤十字がデザインされた現在の国旗は、1862年にトンガを統一したトゥポウ1世の提案が元となっています。十字架はキリスト教のシンボルで、赤はキリストが流した血の色を意味しているといわれています。デザインを担当したのは、皇太子ウエリンガトニ・ング・トゥポウマロヒと、メスジスト派の牧師で国王の顧問や首相を務めた、シャーリー・ベイカーの二人です。

トンガ国旗のパーツごとの説明

キリスト教の信仰

 


純潔

 


イエスの聖なる血

 


トンガの基礎データ

面  積 650km²
首  都 ヌクアロファ
言  語 トンガ語、英語
主要産業 農業
通  貨 パ・アンガ

トンガ国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です