ナウルの国旗 | 世界の国旗

ナウルの国旗

ナウルの地図青地の中央に黄色のラインが入ったデザインで、青は太平洋を表し、黄色のラインは赤道を意味しています。
左下に描かれた白い星は、赤道から南に1度の位置にあるナウルの国土を表しています。また、白はナウルでよく採れるリンを意味しています。
星には12条の光線が描かれ、島に住むポリネシア系やミクロネシア系などの12の民族集団の結団を表しています。
地元のデザインコンペで選ばれた旗は、1968年1月31日の独立記念日に採用されました。




ナウルで使用されていた国旗

ドイツ領ニューギニアの旗

ドイツ領ニューギニアの旗(1888~1914年)

当時、ドイツ帝国が西太平洋の多くの島々を統治下においていました。このあたりの地域をドイツ領ニューギニアといいます。

1888年にニウエは、ドイツの保護領となりました。ナウルはドイツ領ニューギニアの旗の下で管理されました。

イギリスの国旗

ユニオンフラッグ(1919~1948年)

第一次世界大戦でドイツがイギリスに宣戦布告し、1914年11月にオーストラリア軍はナウル島を占領しました。
戦後の1920年にはイギリス・オーストラリア・ニュージーランドの3国を施政国として、ナウルは国際連盟委任統治領となりました。同時に3国はリン鉱石会社の採掘権を350万ポンドで買収し、イギリスが採掘することとなりました。

日本の国旗

日本の国旗(1942~1945年)

第二次世界大戦が始まり、1942年8月に日本軍がナウルを占領しました。

レッドエンサインのオーストラリア()

レッドエンサインの国旗(1948~1968年)

第二次世界大戦後に、再びイギリス・オーストラリア・ニュージーランドの3国を施政国として国際連合信託統治領となりました。

ナウルの国旗

(1968年~現在)

現在のナウルの国旗は、信託統治からの独立後、1968年1月31日に採択されました。

ナウル国旗のパーツごとの説明

太平洋

 


赤道

 


赤道と国の位置を表わしている、12部族を表わしている

 


リン鉱石

 


ナウルの基礎データ

面  積 21km²
首  都 ヤレン
言  語 英語、ナウル語
主要産業 鉱業
通  貨 オーストラリア・ドル

ナウル国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です