インドの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

インドの国旗

インドの地図インド国民議会が、1931年に採用した3色旗に由来するデザインとなっています。
サフラン色はヒンズー教を、緑はイスラム教を、白は両者の和解を表しています。
中央には、チャクラ(法輪)がデザインされています。チャクラは、アショカ王の仏典念塔に由来する仏教のシンボルであるため、インドの国旗には、世界四大宗教のうち3つが象徴されていることになります。24本の車軸は1日(24時間)を表しています。




インド国旗ができるまで

1947年8月にインドが独立を獲得する少し前に、独立したインドの旗について議論する議会が設立されました。

1931年に採用されていたインド国軍の旗を元に、新国旗を策定しました。
これは国旗の中央に、インドの経済復興と人々の勤勉を象徴する「紡ぎ車」がデザインされたものでしたが、代わりに仏教のシンボルである法輪が配置されることになりました。

インド国旗案

紡ぎ車がデザインされている旗

2つの宗教との融和

アイルランド国旗のように、白は2つの主要な宗教団体間の平和を促進することを意図したという別の議論がありました。

似ている国旗

インドの国旗によく似たデザイン・色の国旗がいくつかあります。

ニジェールの国旗
ニジェールの国旗
コートジボワールの国旗
コートジボワールの国旗
アイルランドの国旗アイルランドの国旗

インド国旗のパーツごとの説明

古代インドのアショカ王の記念塔からとった法輪

 


ヒンズー教
勇気、慈悲深さ、自己犠牲


ヒンズー教とイスラム教の和解と調和
経済復興、人々の勤勉さ、平和、純粋、真実


イスラム教
信仰、公正、繁栄


インドの基礎データ

面  積 3,287,263km²
首  都 ニューデリー
言  語 ヒンディー語、英語、他に憲法で公認されている州の言語が21
主要産業 農業、工業、鉱業、サービス業
通  貨 ルピー

インドの白地図

インド国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です