ニジェールの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

ニジェールの国旗

ニジェールの地図1960年の独立に先立って、1959年に現在の国旗が制定されました。オレンジ色は北部のサハラ砂漠と独立、白は平和とサバンナ地域を、緑は南部と西部の耕地と作物そして繁栄を、中央のオレンジの円は太陽を表しているといわれています。この太陽は恵みを象徴するとともに、国民の権利を守る強い意思を表しています。

ニジェール国旗のパーツごとの説明

太陽、恵みの象徴、国民の権利

 


北部のサハラ砂漠、独立

 


サバンナ地域、平和

 


南部と西部の草原、繁栄、砂漠緑化の願い

 


ニジェールの基礎データ

面  積 1,267,000km²
首  都 ニアメ
言  語 フランス語、ハウサ語等
主要産業 農牧業、鉱業
通  貨 CFAフラン

ニジェールの白地図

ニジェール国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です