モザンビークの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

モザンビークの国旗

モザンビークの地図1975年の独立後、独立を率いたモザンビーク解放戦線(FRELIMO)の旗をもとにしたデザインの国旗が使われていました。その国旗の色、緑・黒・赤・黄・白を用いて1983年にデザインが変更され、現在の国旗が制定されました。左側の黄色の星の上には、知識・生産・防衛を意味する本と鍬が描かれています。赤は植民地主義への抵抗と国家の自由のための武装闘争を、緑は豊かな自然資源を、黒はアフリカ大陸を、黄色は鉱物資源を表しています。

モザンビーク国旗のパーツごとの説明

汎アフリカ色の国旗


「本」勉学・知識階級、「銃」闘争・兵士、「鍬」生産・農民

 


独立と社会主義

 


植民地解放闘争で流された血

 


農業

 


平和、正義

 


国民、アフリカ大陸

 


鉱物資源

 


モザンビークの基礎データ

面  積 802,000km²
首  都 マプト
言  語 ポルトガル語
主要産業 農業、漁業、鉱工業
通  貨 メティカル

モザンビークのフリー素材地図

モザンビーク国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です