コンゴ民主共和国の国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

コンゴ民主共和国の国旗

コンゴ民主共和国の地図旧ザイールとも呼ばれるコンゴ民主共和国は、これまでの複雑な歴史の中で、国旗が何度も変更されました。
現在の国旗は、2006年の大統領選挙の年に制定されたものです。
以前の国旗デザインをモデルに、地色が青から明るい水色に変更になりました。

水色は平和、赤は国家に殉じた犠牲者の血、黄は国の富、星は国の輝かしい未来を表しているといわれています。



コンゴ民主共和国国旗の変遷

コンゴ民主共和国国旗の変遷1960年 - 1963年

コンゴ共和国の国旗(1960~1963年)

1960年6月30日にベルギーから独立し「コンゴ共和国」が成立しました。

左側の6つの星は、当時の6つの州(赤道州、東部州、レオポルドヴィル州、カサイ州、カタンガ州、キブ州)を表しています。

コンゴ民主共和国国旗の変遷1963年 - 1966年

コンゴ民主共和国の国旗(1963~1966年)

コンゴ民主共和国国旗の変遷1966年 - 1971年

コンゴ民主共和国の国旗(1966~1971年)

独裁政権の「コンゴ民主共和国」が誕生し、1963年に国旗が改められました。

6つの星がなくなり、左上に1つの星のみとなりました。赤と黄色の帯が斜めに付け加えられました。
地色の青は希望を、星は団結を表しています。赤は国家のために流された人々の血を、黄色は繁栄を象徴しています。
この国旗は1966年にデザインが少し変更された後、1971年まで用いられました。

ザイール共和国の国旗1971年 - 1997年

ザイール共和国の国旗(1971~1997年)

1971年、国名が「ザイール共和国」と改称され、国旗もデザインが変更されました。

地色が緑で、中央の黄色い円の中に、赤い火のたいまつを持った黒人の腕が描かれています。汎アフリカ色の緑・黄・赤が使われています。
この旗は、独裁政権の革命人民運動党の党旗が元となっています。
第一次コンゴ戦争により政権が倒されるまで使用されていました。

コンゴ民主共和国国旗の変遷1997年 - 2003年

コンゴ民主共和国の国旗(1997~2003年)

コンゴ民主共和国国旗の変遷2003年 - 2006年

コンゴ民主共和国の国旗(2003~2006年)

1997年に独裁政権が打倒され、現在の「コンゴ民主共和国」が成立しました。

国旗のデザインは、1960年代の独立した頃のデザインに戻りました。
2003年、地色は明るい青に変更されました。

コンゴ民主共和国の国旗

コンゴ民主共和国の国旗(2006年~現在)

2005年12月に新憲法が批准され、2006年2月に採択されました。

それに伴い、1963年から1971年の間に使用された国旗のデザインが復活しました。
地色の青は明るくなり、平和を表しています。

コンゴ民主共和国国旗のパーツごとの説明

輝かしい未来

 


平和

 


 


国家に殉じた犠牲者の血

 


コンゴ民主共和国の基礎データ

面  積 2,345,000km²
首  都 キンシャサ
言  語 フランス語、キコンゴ語、チルバ語、リンガラ語、スワヒリ語
主要産業 鉱工業、石油、農業、工業用ダイアモンド
通  貨 コンゴー・フラン

コンゴ民主共和国のフリー素材地図

コンゴ民主共和国国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です