赤道ギニアの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

赤道ギニアの国旗

赤道ギニアの地図1968年の独立のときに現在の国旗が制定されましたが、その後の独裁政権でデザインの変更があり、1979年に現在の国旗が復活しました。緑は天然資源、白は平和、赤は独立のための戦い、青は島と大陸の領土をつなぐ海を表しています。中央に描かれているのは国章で、5つの島と大陸の領土を現す6つの星と、「神の木」とも言われている国樹カポックの木がデザインされています。

赤道ギニア国旗のパーツごとの説明

カポックの木とその上には大陸部ムビニと5つの島を表す6つの星、
リボンには国のモットーである「団結・平和・正義」

 


大西洋

 


農業、天然資源

 


平和

 


独立闘争で流された血

 


赤道ギニアの基礎データ

面  積 28,000km²
首  都 マラボ
言  語 スペイン語、フランス語、ブビ語、ファン語
主要産業 農林業、鉱業、石油、天然ガス
通  貨 CFAフラン

赤道ギニアの白地図

赤道ギニア国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です