ジンバブエの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

ジンバブエの国旗

ジンバブエの地図国旗の左に描かれている黄色の鳥は、グレート・ジンバブエ遺跡にある石彫の鳥で、ジンバブエのシンボルとなっています。鳥の背後にある赤の星は国家の希望の表れで、白の三角は独立後の平和を表しています。横縞の緑は大地と植物資源を、黄色は地下資源を、赤は独立闘争の儀税者の血を、黒はジンバブエの人々を表しています。現在の国旗は1980年のアフリカ人主権国家ジンバブエ誕生際に制定されました。

ジンバブエ国旗のパーツごとの説明

汎アフリカ色の国旗


遺跡からの引用「ジンバブエの鳥」国家の統一と栄光

 


平和、未来

 


農業、繁栄

 


鉱物資源、富

 


独立闘争で流された血

 


国民

 


ジンバブエの基礎データ

面  積 391,000km²
首  都 ハラレ
言  語 英語、ショナ語、ンデベレ語
主要産業 農業、鉱工業
通  貨 米ドル・南アフリカランド

ジンバブエのフリー素材地図

ジンバブエ国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です