ガーナの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

ガーナの国旗

ガーナの地図1957年、独立の際に制定された国旗ですが、その後の政権交代で国旗が変更され、1966年に再び復活したデザインです。赤は独立のために流された血を、黄色は金鉱山など豊かな地下資源を、緑は熱帯地方の豊かな植生を表しています。黒い星は反植民地主義のアフリカ開放と独立のシンボルとして描かれて、「希望と栄誉の黒い星」といわれています。

 

ガーナ国旗のパーツごとの説明

汎アフリカ色の国旗


アフリカの自由、希望と栄誉の黒い星

 


独立闘争で流された血

 


豊かな鉱物資源

 


豊かな森林資源、農業

 


ガーナの基礎データ

面  積 239,000km²
首  都 アクラ
言  語 英語、アカン語
主要産業 農業、鉱業
通  貨 ガーナ・セディ

ガーナの白地図

ガーナ国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です