チベットの旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

チベットの旗

チベットの地図赤と青の12本のストライプは6つの先住民族の12の子孫を、中央の太陽は自由・幸福・繁栄を、白い三角形はチベットの雪山をそれぞれ象徴しています。二頭のスノーライオンは宗教と地方の政府との調和を表しており、そしてそのスノーライオンが支えているのが、ブッダ(仏)、ダルマ(法)、サンガ(僧侶)の3つの宝石です。下の太極図は十善業法と十六浄人法という正しい倫理的行動の自己規律を説いています。黄色の縁取りは仏教の黄金の理想が広がっていくことを示していますが、一部の縁取りが無いのは仏教以外の教えにも寛容であることを表しています。

チベットの旗のパーツごとの説明

赤と青の12本のストライプは6つの先住民族の12の子孫を象徴

 


太陽は自由・幸福・繁栄を象徴

 


白い三角形はチベットの雪山を象徴

 


スノーライオンは宗教と地方の政府との調和の象徴

 


3つの宝石はブッダ(仏)、ダルマ(法)、サンガ(僧侶)

 


十善業法と十六浄人法という正しい倫理的行動の自己規律を説いている

 


黄色の縁どりは仏教の黄金の理想が広がっていくことを示す
一部の縁取りが無いのは仏教以外の教えにも寛容であることを表す

 


チベットの基礎データ

面  積 1,228,400km²
首  府 ラサ市
言  語 チベット語、中国語
主要産業 農業、牧畜、観光業
通  貨 人民元

チベットの旗のフリー素材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です