ミャンマー(ビルマ)の旧国旗 | 世界の国旗

ミャンマーの旧国旗

ミャンマーの地図カントン部分には社会主義のシンボルであり、農業と工業を表す稲穂と歯車がデザインされています。その周りを囲む14個の星は、行政区分である7つの自治区と7つの州を意味しています。また、地色の赤は勇気と決断力を、白は純粋さと高潔さを、青は平和と道徳性を意味するとされています。1974年に、国名がビルマ連邦社会主義共和国となったときに制定されましたが、2010年10月21日に突如デザインの変更がされました。

ミャンマーの旧国旗のパーツごとの説明

「歯車」労働者、「稲穂」農民、「14の星」7つの州と7つの自治区

 


純潔、高潔

 


平和、道徳性

 


勇気、決断力

 


ミャンマーの基礎データ

面  積 677,000km²ヤンゴン
首  都 ヤンゴン
言  語 ミャンマー語
主要産業 農業
通  貨 チャット

ミャンマーの白地図

ミャンマーの旧国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です