おっさんレンタル・ウーマンレンタルで稼ぐ

おっさんレンタルイメージ

自分自身を貸し出すという“レンタルおじさん(おばさん)”というお仕事があるのをご存知でしょうか。

ドラマの「ゆとりですがなにか」で題材になって、一時期話題にもなりました。

おっさんをレンタルして何をするのかというと、話し相手や悩み相談、テーマパークやレストランに行くので一緒について来てほしい、仕事を手伝ってほしい・・・などなどその内容は様々です。

ただし、公序良俗に違反することや性的なサービスはありませんので誤解のないように。

どんな人が向いてるの?

人と会う仕事なので、やはりコミュニケーション能力のある人が向いています。ただし、話し上手な人よりも聞き上手な人です。

上から目線の人や説教臭いことを言う人はNGで、クレームの対象になることもあります。

レンタルをしたい人・されたい人をマッチングするサイトがありますので、それらのサイトに登録をして依頼を待ちます。
登録料などがかかったりするので、ガツガツ稼ぐというよりも、“人の役に立ちたい”、“様々な人に会って見識を広げたい”などのやり甲斐を求める人のほうが向いています。

登録サイト4選

いずれのサイトも登録するにあたって、登録料や毎月の会費などがかかります。

登録時に面接があったりします。
これは、ただの興味本位や不純な動機で応募してくる人を排除するためです。

おっさんレンタル

ファッションプロデューサーの西本貴信氏が2012年に開設。大学客員講師や専門学校プロデューサーのかたわら、自身もレンタルしています。

1時間1,000円でおっさんをレンタルできるサービスです。依頼者の大半は女性で、愚痴聞きや話し相手になってほしい、悩み相談などが多いそうです。

おっさんレンタルHP

登録前にはサイト運営者の西本氏の面接があります。

応募条件:日本在住で、37~68歳未満(年齢に関係なく完全におっさんと呼ばれている人は相談可)

入会金:10,000円
登録料:10,000円(毎月)

ウーマンレンタル

おっさんレンタルと同じ西本氏が2016年に開設しました。
女性を1時間からレンタルできますが、料金はそれぞれ人によって違います。だいたい1,500円/時の人が多いですが、中には50,000円/時と強気の価格を設定している人もいます。もちろん性的なサービスは一切ありません。

ウーマンレンタルHP

登録前にはサイト運営者の西本氏の面接があります。

応募条件
・年齢18歳以上(高校生は不可)
・携帯電話を持っていてメールやSNSで速やかに連絡がとれる
・日本及び外国における氏名・現住所の身分証明書を提示
・登録プロフィールや画像をSNS等のメディアで無許諾公開を容認できる
・日本及び外国に本人名義の銀行口座がある

初期費用:10,800円
システム利用料:64,800円(2年更新)

おじおばレンタ

ウェブデザインをしているあきら氏が2014年に開設。「自分を楽しみ、持ってるスキルを誰かの為に役立ててみませんか!」という趣旨のもと、様々なスキルを持つ方々が登録をしています。
レンタル代金は1時間1,000円で交通費別となっています。
あきら氏自身もレンタルをされています。

おじおばレンタHP

登録前にはサイト運営者のあきら氏の電話面接があります。

応募条件:男女30~65歳
ただし、自他共におじさん・おばさんで有れば、多少の年齢差でも問題なく登録可
「色々な人と共感したい!色々な人の手伝いをしたい!」という方

会費:1,000円/月(1年会員として登録要)

幸せのレンタルおじさん

株式会社トリコが運営。おっさんを1時間1,000円でレンタルできます。実際に会って相談や雑談をしたり、簡単なお手伝いをしてくれます。
登録時に面接は無く、必要書類を送信するだけなので気軽に始められます。電話・Skype・LINE等の会話のみのレンタルでも可能。

レンタルおじさんHP

登録時には本人確認のため、住所、氏名、生年月日とそれを証明する本人確認書類を添付して送信

登録資格
・全力で人を応援したいおっさん
・フットワークが軽いおっさん(体が重いは可)
・おっさんと言われてイラっとしないおっさん
・メールで連絡が取れるおっさん
・原則として35歳以上69歳未満のおっさん

月額利用料
東京、神奈川、大阪:5,500円/月
埼玉、愛知、千葉、京都、兵庫:4,500円/月
その他の地域:3,500円/月
※エリアごとに異なります
※3ヶ月更新

メリット・デメリット

ユニークな仕事ですが、とんなメリット・デメリットが考えられるでしょうか。

メリット

  • 様々な人と会うのでコミュニケーション能力が上がる
  • 自分のペースでできる
  • 特別な資格や特技などが必要ない

デメリット

  • 性格の合わない依頼者だと一緒にいるのが辛い
  • 安定して仕事が入ってくるわけではない

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あまり大きく稼げるような副業ではありませんが、お金よりも何か人の役に立ちたい、人と会うのが好きという方には向いている仕事ではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です