ライブ配信で収入を得る

ライブ配信のイメージ画像

いまや、なんでもない普通の人がスマホやPCでライブ配信をして、お金を稼ぐことができるようになりました。

配信するといっても特別なことをやるわけではなく、日常生活を流したり、雑談やゲーム実況、カラオケなど、エロや反社会的なこと以外はなんでもありです。

それを見たリスナー(視聴者)からアイテムを投げてもらい、それが現金や電子マネーに換金できます。

トップクラスの配信者になると月収100万円超えは当たり前で、中には1000万の人とかもいます。

ライブ配信で稼ぐには

ライブ配信で稼ぐには、人気者になって多くの人を集める必要があります。
そのためにはどんなことをしていけばいいのでしょうか?

以下にまとめてみました。

  • 顔出しをする
    必須ではありませんが、やはり顔を隠すよりも顔出ししたほうが親近感が湧き、人気が出やすくなります。
  • 毎日配信する
    毎日やることで、徐々に認知度が高まります。できれば配信時刻もほぼ同じ時間にします。
  • 他のSNSでのPR
    ツイッター、LINE、ブログなど入り口は多いほど人を集めやすくなります。
  • ライブ配信サービスで行われるイベントに参加
    それぞれの配信サービスでは様々なイベントが催されているので、それらに積極的に参加して知名度を上げていきましょう。
  • コメントを拾う
    ライブ配信の楽しさのひとつに、配信者とリスナーがコミュニケーションをとれることにあります。
    ただの一方的な配信ではリスナーは離れていってしまいます。
  • あえて弱みを見せる
    「友達がいない」「お金に困っている」「腰が痛い」など、弱いところを見せるとリスナーは親近感を持ちます。
  • 荒らしに上手く対処する
    配信を続けていると、場を荒らしてくる“荒らし”は必ず現れます。
    対処の仕方を誤ると、場がますます荒れてしまったり、精神的に辛くなって配信を続けられなくなることもあります。
    対処法は下のほうにまとめました。

ライブ配信サイト7選

ライブ配信サーヒズを行っているサイトは国内外にたくさんあります。
その中でも特に稼ぎやすいサイトを7つピックアップしてみました。

それぞれに特長がありますので、自分に合ったものを見つけてください。

Talk LIVER(トークライバー)

以前はマシェバラというサービス名でしたが、2019年に現在のトークライバーに変更となりました。
配信は女性限定となります。
比較的新しい配信サービスなのでライバルが少なく、稼ぎやすいです。

誰でも見られる「オープン配信」や、1対1での「音声通話/ビデオ通話」が選べます。PCからでもスマホからでも配信ができます。

Talk LIVER(トークライバー)サイト

 

Apple storeロゴ Google Playロゴ

【報酬】
スターを獲得することが報酬につながります。

オープン配信 1分ごとにスター獲得

音声通話 1分で25~60スター獲得

ビデオ通話 1分で40~105スター獲得

メッセージ受信 1通につき10スター獲得

ビギナー、エース、レジェンドなとのレベルがあり、レベルが上がると獲得できるスターの数も増えます。

簡単なミッションを達成するだけでもらえるスターや、ログインするだけでもらえるログインボーナスなどがあります。

【換金方法】
1スター=1円で、5000スターから換金申請ができます。
還元率はレベルによって異なり、最初は20%からで、レジェンドになると50%にもなります。

銀行即時振り込み
銀行営業時間内であれば即時に振り込みがされます。

コンビニ受け取り
ローソンで現金を受け取ることができます。

Amazonギフト券で受け取ることができます。

17 Live(イチナナ)

台湾発のサービスで、全世界4,200万ユーザーを突破しました。
日本に上陸したのは2017年8月です。
一番の特長は、ビューティーカメラ機能というのがあって、盛って配信できることです。
常時60人チーム・24時間の管理体制で対応していて、ユーザーに安全安心できる環境が提供されています。

17 Live(イチナナ)サイト

 

Google Playロゴ Google Playロゴ

【報酬】
100円から数万円の有料ギフトをリスナーから投げてもらうことで、それが報酬になります。
ギフトは1ポイント=1円です。
ただし、全部配信者にもらえるわけではなく、還元率は最高で50%といわれています。
配信を始めたばかりの頃は20%ほどとされています。

さまざまなイベントが開催されていて、賞金をもらえたり、芸能界デビューや雑誌に掲載されたりすることもあます。

【換金方法】
換金するには、クレジット決済サービスの「PayPal」が必要です。
また、17 LIVE内で使えるギフトポイントに換えることもできます。

PayPalから自分の銀行口座へ換金
最低換金額100USドルから

ギフトポイント受け取り
最低換金額10USドルから

Pococha(ポコチャ)

2017年にサービスが開始されました。ゲームや横浜ベイスターズでお馴染みのDeNAが運営しています。

特長として、ファン同士の交流の場である“ファミリー”を作ることができ、自分を応援してくれる固定ファンを育てていくことができます。
さらに、美顔フィルター機能を使って、お肌スベスベ、お目々パッチリで配信することができます。これを使えば、女の子はスッピンでも安心して配信できます。

プロの運営メンバーに直接相談できる「配信者(ライバー)向け スキルアップセミナー」を定期的に開催しています。

Pococha(ポコチャ)サイド

 

Apple storeロゴ Google Playロゴ

【報酬】

配信の時間や盛り上がりに応じてダイヤ報酬がもらえます。
ただし、もらえるダイヤの数はライバーのランク(E~S+まで16ランク)によって違います。
1時間あたりにもらえるダイヤの数は30~3,500前後です。

時間ダイヤ
1時間あたりに獲得できるダイヤの数
最大2時間半まで

盛りあがりダイヤ
いいねの数、コメント数、アイテムの数、リスナーの視聴時間に応じてもらえるダイヤ

【換金方法】
アプリ内通貨のコインに変換、もしくは現金に換金するかの2通りがあります。

1ダイヤ=1円
ダイヤは5,000個(=5,000円)から交換可能です。

LINE LIVE

SNSで有名な、あのLINEがリリースした配信サービスです。
人気のタレントや芸人などがよく配信をしていますが、もちろん一般の人でも配信が可能です。

一番の特長は、なんといっても顔認識スタンプ、フィルター機能です。顔を認識して動きに合わせて動物の顔などを合成でき、その種類は170種類以上あります。

また、顔を出さずに音声のみで配信を行うことができる「ラジオモード」や、スマホ画面をそのまま配信できる「スクリーン配信」もあり、ゲーム実況配信もカンタンにできます。

他の配信者と一緒に配信できる「コラボ」、カラオケ音源とエコーやボイスエフェクトを使った「カラオケ配信」もできます。

LINE LIVEサイト

 

Apple storeロゴ Google Playロゴ

【報酬】

視聴者から無料・有料のアイテムを投げてもらって、コメントの数や視聴者数などに応じて配信スコアが計算されます。

この配信スコアを元に、LINEポイントがもらえます。

【換金方法】
LINEポイントは1ポイント=1円

LINEポイントはLINE Payに交換することができます。

LINE Payに対応したお店で支払いに使えます。

現金にする LINE Payから登録してある銀行口座へ振り込まれます。

SHOWROOM(ショールーム)

あのDeNAが運営しているライブ配信サービスです。2013年にPCサービス、2013年から2014年にスマホサービスが開始されました。
キャッチコピーが『仮想ライブ空間』で、配信画面がライブステージのようなデザインになっています。リスナーはアバターで観客のような感じで参加できます。
メジャーなアイドルやアーティストもよく配信していて、もちろん一般の人も配信可能です。

ネガティブなコメントは☆で表示されたりして、場が荒れないような仕組みがあります。
さまざまなイベントが開催されていて、中には芸能人デビューできるものもあります。

SHOWROOM(ショールーム)サイト

 

Apple storeロゴ Google Playロゴ

【報酬】
1~10000Gの有料アイテムを視聴者から投げてもらう

視聴者数、コメント投稿、デジタルコンテンツの使用実績等を考慮して「評価ポイント」を受けます。
評価ポイント1ポイント=1円

還元率は30%(アマチュアアカウント)~35%(公式アカウント※)程度です。
※公式アカウントとは、SHOWROOMと契約をしている配信者

【換金方法】
登録した金融機関の口座に、毎月末締めの翌月末払いにて支払いが行われます。
ただし、2,000ポイント(2,000円)未満では支払いは行なえません。

TwitCasting(ツイキャス)

サービス開始は2010年からで、登録ユーザーが2000万人を突破しています。
PC、スマートフォン、タブレットなどからライブ配信ができます。

通常のライブ配信のほか、ラジオ配信ゲーム配信などがカンタンにできます。
ライブ配信を録画することができ、その録画をYoutubeにアップロードすることも可能です。

配信した時間と、リスナーの人数に応じてレベルが上がっていき、レベルが上がっていくと使用できる配信モードが増えます。

特徴的なのは、配信者がイベントを企画し、それを応援したいリスナーがスポンサーとして支援することができる「ツイキャス・キートス」という機能があります。

TwitCasting(ツイキャス)サイト

 

Apple storeロゴ Google Playロゴ

【報酬】

ツイキャスで稼ぐにはいくつかの方法があります。

アイテム収益
リスナーから有料のアイテムを投げてもらい、それが配信者の収益になります。
利用できるのは18歳以上で、法人利用も可能です。
アイテムの種類:お茶爆50(500円)・100(1,000円)・500(5,000円)
配信者への還元率は70%ほどです。

動画収益
録画で残した動画も再生されると収益になります。
1再生あたり3円ほどです。

ツイキャス・キートス(クラウドファンディング)
配信者が企画を提案して、その企画の費用をリスナーが支援するという、クラウドファンディングのようなものです。
たとえば、配信に使用する機材や旅企画の費用などがあります。

ツイキャス:キートスについて

キャスマ(オンラインマーケット)
ツイキャスの公認オンラインマーケットです。
ツイキャス内で、自分のライブチケットやイラストなどのグッズを販売することができます。

ツイキャス:キャスマ

【換金方法】
支払い申請をして登録してある口座へ振り込まれます。

1,500円以上から申請可能ですが、30,000円未満だと振込手数料が500円かかります。

ふわっち

2015年からサービスが開始されたライブ配信サービスです。
通常の動画配信や、音声のみのラジオ配信ができます。
パソコン・スマホどちらからでも配信が可能で、過去の配信も無制限で残せます。

毎日の盛り上がり度のデイリーランキングや、毎月のマンスリーランキングがあって、デイリーは1日1回、マンスリーは月に1回ポイントがもらえます。
そのほかにも、ポイントが稼げるイベントが常に開催されています。

ふわっちサイト

 

Apple storeロゴ Google Playロゴ

【報酬】

ふわっちで稼ぐ方法としては、有料アイテムとランキング報酬の2つがあります。

リスナーからの有料アイテム
大花火2,000P 花火1,100Pなど
還元率は50%ほど

デイリーランキング
1日の配信で獲得したポイントの合計
1位 3,000P
2位 2,000P
3位 1,000P

マンスリーランキング
1か月の配信で獲得したポイントの合計
1位 1,000,000P
2位 500,000P
3位 300,000P

リスワン
1日に最もリスナーを集めた配信者に10,000ポイント
1か月で1回しか獲得できません

イベントランキング
期間限定で開催されるランキング
例:
1位 200,000 pt
2位 100,000 pt
3位 50,000 pt

【換金方法】

1ポイント=1円で計算されます。

溜まったポイントは、銀行振り込み・郵便振替で現金に替えたり、RealPay、PeX、iTunesギフト、Amazonギフト券などの電子マネーにしたり、ふわっち内で使えるロケット花火や延長チケットなどのアイテムと交換できます。

トラブルとその対処は

配信をコツコツ続けてリスナーの数が増えてくると、大抵どの配信者にも配信の場を荒らす“荒らし”と呼ばれるリスナーが現れます。

荒らしの対応を誤ると様々なトラブルの元となってしまうので、次のように対処するのがいいです。

  • 過剰に反応しない
    どの配信にも、配信者をわざと怒らせるようなことを言うリスナーは必ずいます。
    それに反応して怒ってしまうと、それこそ相手の思うツボです。そういった発言にいちいち反応しないようにしましょう。
    無視していれば、自然にいなくなります。
  • 他のリスナーを悪く言う人はブロック
    自身への悪口は無視できても、他のリスナーの悪口は放っておくとリスナー同士がケンカを始めてしまい、配信の空気が悪くなります。
    そういう発言をするリスナーは注意をして、それでも止めない場合はブロックしましょう。
  • 「殺す」など危害を加えそうな発言には毅然とした対処を
    「殺す」や「お前を襲う」など、危害の恐れがある発言には、運営への通告、場合によってはサイバー警察への通報を行いましょう。
    後々何かあってからでは遅いので、毅然とした対応をしておいたほうがいいです。

メリット・デメリット

ライブ配信をする上でのメリット・デメリットにはどんなことがあるのでしょうか。
以下にまとめてみました。

メリット

  • 元手があまりかからない
  • 学歴や資格が必要ない
  • 時間や場所が自由
  • 人気配信者になれば高収入も夢ではない

デメリット

  • 実名や住所がバレてしまうリスクがある
  • 誹謗中傷で精神的に辛くなる
  • 配信している時間中は配信に縛られる

まとめ

それぞれの配信サービスのトップクラス配信者を見てみると、失礼かもしれませんが、そこら辺にいるようなごくごく普通の人だったりします。
なにも特別なことは必要なく、誰でも人気配信者になって大儲けをするチャンスがあります。

今回ご紹介した以外にも、新しい配信サービスが次々と誕生しています。ライブ配信は、これからもますます盛んになっていくと思われます。
あなたも一攫千金を狙ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です