EU (欧州共同体)の旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

EUの旗

「欧州旗(おうしゅうき)」とも呼ばれます。
デザインは1955年に考案されました。その年の後半にヨーロッパ評議会によって、ヨーロッパ全体のシンボルとして公式に採用され、1985年には欧州共同体(EC)がこれを採用しました。
ECの後継組織となったEUもこの旗を継承したものの、EUの条約のいずれにおいても公式な地位を与えられたことはありませんでした。EUの公式シンボルとしての採択は、2004年の欧州憲法条約(第I-8条)からとなります。

旗の中央には12の星が描かれています。この12という数字は完全さや幸運、永遠を意味しています。また、地色の青は平和や友好を意味しています。
旗の原型は、ヨーロッパ各国の政府間協力組織「ヨーロッパ評議会」のものです。

ヨーロッパ評議会の旗

ヨーロッパ評議会の旗



いくつのか案

1950年にヨーロッパ評議会は、シンボルを採用するための諮問委員会を設置し、多数の案が検討されました。

カレルジの汎欧州連合の提案
国際汎ヨーロッパ連合旗の案
「8つのリング」の提案8つのリング案 「シングルスター」提案シングルスター案 マダリアガの「星座」提案
マダリアガの星座案

1953年9月25日、ヨーロッパ評議会の諮問会議は、15の金の星を持つ青いデザインを組織の旗として採用することを勧告しました。15はヨーロッパ評議会の加盟国(紛争地域であった州も含む)の数を反映しています。しかし西ドイツは15の星の案に反対し、星の数が12となった現在のデザインに決まりました。

1953年に協議会で採択された15星の提案

1953年に評議会で採択された15星の案

欧州旗の影響を受けた国旗

ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗 コソボの国旗コソボの国旗

EU加盟国27ヶ国の国旗を覚えよう! 5:02

EUの旗のパーツごとの説明

平和、友好

 


「12の星」 ヨーロッパ諸国の連帯、完全なもの、永久を意味する

 


EUの基礎データ

加盟国
デンマークエストニアオランダドイツラトビアベルギーチェコリトアニアルクセンブルクスロバキアポーランドフランスハンガリールーマニアスペインイタリアブルガリアポルトガルスロベニアギリシャアイルランドスウェーデンフィンランドオーストリアマルタキプロスクロアチア

EUの旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

動画素材

[ Adobe Stock ] [ PIXTA ] [ MotionElements ]

[ Adobe Stock ] [ PIXTA ] [ MotionElements ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です