アブハジアの旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

アブハジアの旗

アブハジアの地図1992年7月23日に正式に採択されました。カントン部にある7つの星は、アブハジアの歴史的な地域(アブシワ、バジプ、ダル・ツババル、グアマ、プスキー・アイブガ、サドゼン、サムルザカン)を表しています。右手は「友よこんにちは!敵は来るな!」という意味。緑と白のストライプは、アブハジアのキリスト教徒とイスラム教徒の共生を意味しています。星とストライプがいずれも7つですが、アブハジアにとって7は神聖な数字なのです。

アブハジアの旗のパーツごとの説明

アブハジアの地域(アブシワ、バジプ、ダル・ツババル、グアマ、プスキー・アイブガ、サドゼン、サムルザカン)を表す。
また、7はアブハジアにとって神聖な数字

 


友よこんにちは!敵は来るな!

 


キリスト教徒とイスラム教徒の共生

 


アブハジアの基礎データ

面  積 8,660km²
首  都 スフミ
言  語 アブハズ語、ロシア語
主要産業 観光業、農業
通  貨 ロシア・ルーブル

アブハジアの旗のフリー素材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です