モロッコの国旗 | 意味やイラストのフリー素材など – 世界の国旗

モロッコの地図1956年にスペインから独立を果たした際に、現在の国旗が制定されました。
地色の赤はモロッコ国民の祖アラウィー家を表す王家の伝統の色です。
中央には緑色の星が描かれ、この星は「スレイマンの星」と呼ばれ、国家安泰の象徴です。スレイマンは、イスラム教の聖典コーランに登場する預言者のひとりです。
星の5つのポイントは、愛、真実、平和、自由、正義を表しています。
緑はイスラム教を象徴する神聖な色とされています。

モロッコ国旗の変遷

ムラービト朝の国旗。1073~1147

ムラービト朝の旗(1073~1147年)

ムワッヒド朝の旗(1147–1248年)

ムワッヒド朝の旗(1147~1248年)

マリーン朝およびサアド朝1248年から1666年

マリーン朝およびサアド朝の旗(1248~1666年)

モロッコの国旗1666-1915

モロッコの国旗(1666~1915年)

モロッコの国旗

モロッコの国旗(1915年~現在)

モロッコ国旗のパーツごとの説明

スレイマンの星、国家安泰の象徴

 


イスラム教のシンボル

 


モロッコ国民の祖アラウィー家を表す王家の伝統色

 


モロッコの基礎データ

面  積 447,000km²
首  都 ラバト
言  語 アラビア語、フランス語
主要産業 農業、繊維業、漁業、鉱業
通  貨 ディルハム

モロッコのフリー素材地図

モロッコ国旗のフリー素材

↓イラストACから無料でダウンロードできます。jpg、png、AI(Adobe Illustratorファイル)

Illust ACの画面

動画素材

[ Adobe Stock ] [ PIXTA ] [ MotionElements ]

[ Adobe Stock ] [ PIXTA ] [ MotionElements ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です