ハンガリーの国旗

Hungary

赤・白・緑の横三分割旗は、フランスのトリコロールの影響を受けたものだろうといわれている。この3色は、古くからハンガリーを象徴する色だったようで、国章にも主にこの3色で出来ている。赤は血を、白は平和を、緑は希望を表すと説明されることもある。1848年に採用され、この年の対オーストリア独立戦争の象徴となった。その後国旗デザインの変更があり、1957年に現在の国旗が制定された。
ハンガリーの地図

ハンガリー国旗のフリーデータ

ハンガリーの国旗画像
ご購入はこちら

ハンガリー国旗の説明

尊い血の犠牲
平和
希望

ハンガリーの基礎データ

面  積 首  都 言  語 主要産業 通  貨
93,000km2 ブタペスト ハンガリー語 機械工業、化学・
製薬工業、農業、畜産業
フォリント
(さらに詳しいハンガリーのデータは→世界の国々:ハンガリー)