ロゴ画像

English

モーリタニアの国旗画像

モーリタニアの国旗

Flag of Mauritania

1960年にフランスから独立を果たしたが、その1年前の1959年に現在の国旗が制定された。緑と新月と星はいずれもイスラム教のシンボルで、イスラム教が国教であることを表している。また、緑は未来への明るい希望と砂漠地帯の緑化の願いが込められているとも言われている。黄色はサハラ砂漠を表している。

モーリタニアの位置

モーリタニア国旗のフリーデータ

モーリタニアの国旗フリー画像 モーリタニアの国旗シャドウフリー画像 モーリタニアの国旗エンボスフリー画像 モーリタニアの国旗ドロップシャドウフリー画像 モーリタニアの国旗ゆらめきフリー画像 モーリタニアの国旗ゆらめきグラデーションフリー画像 モーリタニアの国旗ゆらめきグラデシャドウフリー画像 モーリタニアの国旗手書き風フリー画像
モーリタニアの国旗半球フリー画像モーリタニアの国旗ボタンフリー画像モーリタニアの国旗キューブフリー画像モーリタニアの国旗ハートフリー画像1モーリタニアの国旗ハートフリー画像2モーリタニアの国旗ピンフリー画像モーリタニアの国旗角丸ピンフリー画像モーリタニアの国旗はためきフリー画像

商業印刷にも使えるAdobe Illustrator形式のデータ(有料)はこちら

モーリタニア国旗の説明

月と星の画像 イスラム教のシンボル
黄色の画像 サハラ砂漠
緑の画像 イスラム教のシンボル、砂漠地帯の緑化の願い

モーリタニアの基礎データ

面  積 首  都 言  語 主要産業 通  貨
1,026,000km² ヌアクショット アラビア語、フランス語 農牧業 ウギア

(さらに詳しいモーリタニアのデータは→世界の国々:モーリタニア)